2016年08月30日

移住セミナーの夏

8月9月は移住テーマのイベントが目白押しです。

8月20日 東京 北陸新幹線沿線の4県の合同移住フェアに小諸市で参加
8月25日 東京 銀座NAGANOにて小諸市単独の移住相談セミナー
をやり、

9月3日 大阪 長野県移住セミナーに小諸市で参加
9月23日 東京 銀座NAGANOにて単独セミナーの第2回め
がこれから控えています。
(詳しくは「小諸で暮らす」ホームページをご覧ください)

地域おこし協力隊としての私の仕事は、移住・定住促進係。
小諸市に移住者、他の地域より小諸で楽しい人生を送れるのでは、
と思ってくれる人を増やすことです。

そのきっかけとなるのが、こういった移住セミナーになりますが、
セミナーといっても規模や内容、開催場所などさまざまです。

大きな規模のセミナーだと、参加した印象として、
小諸市の知名度の低さ、イメージのわかなさを実感するはめになります。
逆に、単独のセミナーや小諸ブースに個別相談に来られる方は、
相談内容が、住まい、仕事、教育、安全など多岐に具体的になってきます。
即答できないようなことも多く、今度は自分の経験の浅さを実感することになりますね。

と毎回、なんとなく中途半端な感じをいだきながらセミナーを終えることになります。
(課題はわかってきているので、時間をかければクリアできていくでしょう。)
が、ひとつだけ、移住を考えている方に役立っているのかなー、と思えること。
自分自身が小諸が好きで移住し、まだ日も浅いので、
リアルな声で経験・印象を語れる、というところでしょうか。

当面は、私自身が小諸ライフを満喫することで、移住を考えている方により多くを語れるよう、
楽しみながらさらに経験値を上げていこう、という都合の良いアプローチをとることとしましょう。

8月25日の銀座NAGANOでは「移住・定住相談カフェ」として、
カフェのようなオープンな雰囲気のなかでの楽しい相談会となりました。
(写真はそのときの一コマ。カフェなので蝶ネクタイをしてみましたよ)

IMG_4215.JPG

posted by 地域おこし協力隊 at 16:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月09日

夏祭りパート2

小諸は夏に祭りが2回あります。
7月は市民祭りみこし、
8月はドカンショです。
そのドカンショが6日の土曜日に開催されました。

先月は私も神輿を担がせていただきましたが、
今回のドカンショは「踊り」です。
私の住んでいる大手区の連に参加させていただきました。

ドカンショって変な名前ですね。
浅間山の噴火のドッカンからきているそうです。
「こもろドカンショ」という水木一郎の歌に合わせて、
延々と同じ曲で踊ります。
様々な連が出場し、オリジナルの踊りや掛け声で盛り上がっているところも。

私はドカンショを見るのも踊るのも、もちろん初めてです。
が、同じ曲、踊りなので、
10分も見よう見まねで踊っていると、ほぼ覚えてします。
(その点、非常に参加しやすく楽しめるイベントですね。)

みこしが伝統ある神事の雰囲気だとすると、
ドカンショは、ひたすら踊って騒いでと、
ストレス発散、暑気払いといった雰囲気です。
タイプの違う2つの祭りが同じ夏にあるのは、面白いですね。

私の住む地区は若い世代が少なくなっていて、祭りの参加者も年々少なくなっています。
田舎ってそいいう地域が少なくないですよね。
わが大手区でも、参加します、というと大歓迎されました。
そこからコミュニケーションが生まれ、友人ができ、
地区の暮らしがよりまた居心地の良いものになってきます。

移住してきたものにとって、自分の住む地区の人たちとの交流って、
とても重要な関心ごとだと思います。
地域のイベントには積極的に参加すること。
田舎暮らしのコツかもしれません。

IMG_4022.jpg

posted by 地域おこし協力隊 at 13:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月05日

移住体験ツアー

先週末、小諸市主催の移住体験ツアー
「農ある暮らし」体験ツアー
を開催してきました。
4月に小諸に越し、地域おこし協力隊として移住定住促進の仕事を担当してから
初めての「ツアー」です。

このツアーの企画から準備、チラシづくり、告知から当日の添乗員まで、
フルコースでやらせていただきました。
内容は、午前に農作業体験(じゃがいも堀り)、地元野菜や米を使った昼食を兼ねての交流会、
午後は空き家物件を2件見学し、市民農園、移住体験施設、農産物直売所をまわるというもの。

私はイベントなどがきっかけで小諸に来はじめてから3年です。
ツアーの企画を考えているとき、
自分が小諸経験で気に入ったところをぶつけて共感してもらいたいな、
と思いました。
好きなスポット、御牧ケ原(でじゃがいも堀を)だったり、読書の森(の庭で昼食を)だったり。
はじめて楽しかった農業(なんちゃってですが)だったり。

それともうひとつは「人」。
自分は人のつながりに誘われて小諸に来たようなものです。
小諸に住んで、素敵な暮らしをしている人。
そいった人に出会ってほしいなと。
出会い、話して、自分の小諸でできそうな生活をイメージしてほしいなと。
(昼食の昼食会には、ゲストとして何名か素敵人を招きました)

自分も少し先に小諸にいる人として、
小諸に移住を考えているひとたちに、
少しでもイメージのサンプルになれたらな、
と思う今日このごろです。

次の企画は、「しごと」ですかね。
乞うご期待ください!

IMG_3987.jpg
posted by 地域おこし協力隊 at 17:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする