2018年04月13日

the last year and..

4月ももう半ばとなりました。
今年は桜の開花も早く、懐古園の桜も早くも散り始めています。
小諸に来てから、時の過行く早さがいや増しているように感じます。
さて、地域おこし協力隊としては3年目に入りました。
任期はこれで満期。最後の年となります。
今年は任期後のことも意識しながらの仕事となりますね。

任期後のためには何をしていきましょうか。
まず、来年はまた新たに地域おこし協力隊員が入り、私の仕事を引き継ぐと思います。
移住担当として2年間従事し、空き家バンクの管理運営、移住相談、移住関連イベントの企画、移住体験施設の管理などなど、いろいろなノウハウやコネンクションを蓄積してきました。
担当としてはひとりです。これを1日で引き継がねばなりません。
私も前任から1日で引き継いだのですが、まずもって無理ですね。
自分でまた一から組み立てざるをえませんでした。
これでは無益です。
同じパターンの繰り返しにしないために、ノウハウを整理してマニュアル化に今年は時間を割こうかと。「私製移住マニュアル」とでも呼びましょうか。そんなものを作りたいと思います。

また、新任がOBとなるだろう私にいつでも相談できる場も必要そうです。
小諸市の地域おこし協力隊は現在6名、OBOGが3名おりますが、
それぞれ担当業務も違い、実はあまりまとまりがありません。
協力隊の制度はしばらく続くでしょうし、小諸市にもこれからも新しい隊員が入ってくると思います。
業務的な引き継ぎもそうですが、みな移住者ですので、いろいろな悩みがきっと出てくるでしょう。
そこで小諸市協力隊のチーム化、サポート体制づくりが必要になってくると思いますので、そうした場づくりにも力を入れていこうと思います。協力隊全員で取り組む共通ミッション、イベントなどを作っても面白いかなと思います。

担当業務以外では、私的に料理の仕事もしています。
そして任期後は料理のほうがメインの仕事になってきます。来年はいよいよお店をやろうという計画です。
(詳しくはまた別の機会に書きたいと思います。)
こちらの準備も今年は並行的に進めながら、業務をこなしていかねばなりませんね。
なにやら今年も忙しい予感。

and..
地域おこしは続くよ。どこまでも。

IMG_9199.JPG

posted by 地域おこし協力隊 at 11:56| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月06日

「しあわせ信州」に掲載いただきました。

「しあわせ信州」という長野県のサイトの、
「信州を新しい文脈で」というコーナーに、
掲載していただきました。
http://shiawase-shinshu.jp/context/10

小諸市の地域おこし協力隊の活動と並行して、
「浅間兄弟」という、料理ケータリングの活動をしています。
プライベートの仕事ではありますが、
料理を通して地域をおこす、地域とつながる、
を意識しています。

そんな思いをくみ取っていただいた記事となっています。
よろしければぜひご一読ください。
(我々以外の掲載メンバーが素敵な人ばかりです!こちらもぜひお読みください!)

pic_main.jpg
posted by 地域おこし協力隊 at 13:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月23日

しごとをつくるしごと

2月も後半が過ぎました。
小諸はまだまだ寒い日々が続いていますが、
もう一月もすると少しは暖かくなってくるでしょうか。

移住担当の地域おこし協力隊として小諸へ赴任してから、
もうすぐ2年が経とうとしています。
もう2年。まだ2年。
どちらも感じる、これまで中身の濃い移住生活でした。
地域おこし協力隊の任期は3年で満期です。
迷いましたが、私は満期続けることにしました。
あと1年は小諸市の協力隊です。

3期目のテーマは、
「しごとをつくるしごと」
にしたいと考えています。
移住担当の業務のなかでは、
空き家バンクなど「住まい」に関する内容が、
今までは高いウェイトを占めていました。
しかし、移住相談などを受けていると、
移住にあたって懸案となるのは「住まい」以外に、
「しごと」と「地域コミュニティ」だという実感がありました。
(他に「子育て」などもありますが。また小諸は人々の受け入れがすごく暖かいので、
「地域コミュニティ」は心配におよびません。)
特に若年世代には「しごと」が非常に大きな関心ごとになると思います。

「住まい」に関しては、空き家バンクなどを通して、
いろいろと対応できるノウハウはつかめてきたと思います。
(実際、物件はいろいろあるのです。)
業務としては、来期は改善程度でよいかと思います。
さて、「しごと」です。
やりたいことは3つあります。

小諸は実は、仕事や求人は意外にたくさんあるのです。
ハローワークなどをのぞいてみると、よくわかります。
地方は求人難で仕事はあっても人がいません。
少子高齢化が進んでますからね。
就職や転職に関しては、
ここに移住したいという気持ちがすでに先にあるならば、わりとすぐ見つかります。
(職種にはやはり限りがありますが。私は先に小諸に住みたいと思っていたので、
このパターンで協力隊の仕事をゲットしました。)

就・転職以外に「しごと」といえば起業です。
実はここにこれから力を入れてこうと考えています。
私は任期2年目から起業しています。
協力隊の仕事以外の時間を使って、出張料理人として、
ケータリングやイベント料理の仕事をなりわいとしています。
(副業として市役所にも了承いただいています。)
このなりわいが、準備期間含め2年である程度軌道にのったと言えます。
固定費なし・ゼロ円起業ですから、このノウハウを整理して情報発信し、
地方での起業を考える方の参考になるようなかたちにしたい、
というのがまず一つ。

基本的に商売には場所や店が必要です。
そして商店街などに空き店舗がたくさんあります。
現在、空き家バンクでは空き店舗は扱っていませんが、
来期は扱っていく計画です。
空き家バンクのノウハウを空き店舗に使っていき、
起業しやすい空き店舗の情報を提供しよう、
仕組みを作っていこうというのが、
もう一つ。

また今年は任期後の準備もしていこうと考えています。
任期後は飲食店をオープンする予定です。
ファンディングなど、準備段階の過程の情報を伝えながら、
起業を考えている方に、リアルな起業を見て参考にしていただきたく、
そのノウハウをライブ配信していこうといのが、最後の一つです。

自分の好きな環境を選び、しごとを作っていく。
好きな環境なので、ストレスも減り、質も上がるでしょう。
質があがれば、より世の中に貢献できますね。
地方から、一緒に楽しい世の中を作っていきましょう!

Work Local,Better Life!

IMG_8801.JPG

posted by 地域おこし協力隊 at 17:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。