2016年06月29日

青空の下で共同作業

地域おこし協力隊員として私が所属しているのは、
小諸市役所の商工観光課、企業立地定住促進係です。
(長い名前ですね。)
そこで移住定住促進の仕事を担当しています。
今年の春より、小諸市では「移住体験施設」を作りました。
(かたい名前ですね。)
移住希望の方、移住を検討している方に、小諸での暮らしを体験してもらおうという施設です。

まだ利用者はないのですが、せっかく小諸に来ていただいた方に、
より気分よく過ごしてもらおう、ということでアイデアを出し合って、
荒れ気味だった施設の庭に、芝生を植え畑をつくろう、となりました。

というわけで、先日、担当部署総出で庭造りです。
小諸はやはり田舎なのですね。
部課長など年上の諸先輩は、当たり前のように重機が使えたり、
実地作業のノウハウがすごいです。
(カッコイイですね。)

総出で、皆で、青空の下、汗を流しての共同作業。
自分は今年の4月からこのチームにいるのでした。
まだ3か月の新人なのですが、
ずっと前からそこにいるような、ふとそんな感じがしました。
移住したものにとって仲間がいるというのは、とても心強いことですね。
だいぶ小諸に馴染んできた、ということでしょうか。

庭を徹底的に改造しましたが、1本だけ木を残しました。
「やまぼうし」です。
といわけで、この施設の愛称を「やまぼうし」とすることになりました。
これから小諸への移住をご検討されている皆様、
ぜひ「やまぼうし」をご利用ください。

image1.jpg

image4.jpg

posted by 地域おこし協力隊 at 17:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月08日

梅雨入りですが・・

「素人農レポート6月」

関東甲信越地方は梅雨入りしましたが、
国内でも屈指の晴天率を誇る小諸市は、あまり雨が降りませんね。

市内の御牧ケ原という台地のエリアで畑を間借りして友人と素人ながら農園をやっています。
まるでスタジオジブリの「となりのトトロ」のアニメのなかに入ったような、
とても美しい里山のなかに畑があります。
粘土質の土壌が特徴で、「白いも」といわれる、肌理の細かい良いジャガイモがとれます。
ジャガイモももちろん育てていますが、他に大根、ニンジン、トマト、大豆などにチャレンジしています。

ジャガイモは放っておいても割と勝手に育つのですが、
他の野菜は水をくれてやらなければなりません。
梅雨に入りすこし楽になるかなと期待していたのですが、雨が降りませんね。
周りの農家の方々も口々に「今年は降らね」と言っています。
カエルの合唱も今年はトーンが低いような気がします。

農業の経験がまるでないのでよくわかりませんが、難しい年のようです。
地道に水をくれていきましょう。農はまさに「ずく」が必要ですね。

葉物はなぜか全滅しましたが、黒大根という皮の黒い大根が順調です。
密集して生えていたので、先日間引きをしました。
虫食いだらけですね。
間引き菜は灰汁が強かったですが、おいしくいただきました。
梅雨が明ければ夏本番、豊かな実りを妄想しながら・・。

IMG_3465.jpg

IMG_3464.jpg


posted by 地域おこし協力隊 at 17:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする