2017年02月01日

酒呑み百姓の会

早いもので、2月になってしまいました。
遅まきながら、あけましておめでとうございます。
本年も、張り切って、移住体験レポートをしたいと思います。
よろしくお願いいたします。

さて、小諸に「酒呑み百姓の会」というのがあります。
仲間で集まって、「亀の尾」(夏子の酒で有名になりましたね)という酒米を
田植え、収穫して作り、
市内唯一の造り酒屋「大塚酒造」(浅間嶽というお酒を造っています)にて、
亀の尾100%の純米酒「あさまおろし」を醸造しています。
20年も続けている会です。

1月末の週末。
大塚酒造にて、会による酒の仕込みがありました。
地元だけでなく東京からも参加者が集まり、
蒸した酒米を温室に運び、広げて冷まし、
もみじと呼ばれる菌をまいたり、
タンクにの酒の元を櫂で混ぜたり(写真は会長による櫂入れです)、
フィルターに付いた酒粕を剥がす作業をしました。

自分は3年前、小諸に移住する前に東京から通っていた時期から、
この会に参加させていただいています。
仕込みは今回で2回目です。
もともとお酒が好きで、興味があったのですが(一応、元ソムリエです)、
先に参加していた友人の紹介で参加した時に、
会長をはじめ、メンバーの皆様がとてもあたたかく、面白い人々ばかりだったので、
すごく楽しい経験となり、今に続いています。

こういった会に、移住する前から参加していたこと、
すでに知人・友人が移住先にいたこと、
は移住後の地域で生きていくうえで、とてもよかったな、
と今、改め思い、感じることです。
人のつながりって、本当に決め手です。

昨年は、あまりこの会に関われなかったので、
今年は、できるだけ関わっていこうと決意しています。
(人やお酒ともっとディープに関わりたい)
4月は、お楽しみ、あさまおろしの新酒会。
厳寒の季節が和らぐ頃ですね。
ああ、待ち遠しい。

IMG_5703.JPG
posted by 地域おこし協力隊 at 17:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする