2017年09月05日

移住1.5年目の決意?

小諸も、急に秋らしくなり、朝晩ぐっと冷え込むようになってきました。
市場には夏野菜がまだ並んでいますが、冬支度もそろそろ始めなければですかね。

9月3日に、移住体験ツアーを行いました。
今回は、「小諸的アウトドアライフを体験する。」というテーマで、
参加者の皆様には、野菜の収穫体験やピザ作り、BBQを楽しんでいただきました。
当日は素晴らしい秋晴れで、気持ちの良い時間を過ごしていただけたのでは、と思います。
(ツアーのレビューは、こちらをご覧ください→http://www.city.komoro.lg.jp/doc/2017081000063/

ツアーの最中、関東圏からお越しの参加者の方々といろいろなお話しをさせていただきました。
昨年のツアー時には、質問内容によって答えがしどろもどろになっていたように思いますが、
移住歴1.5年。
いつの間にか、いろんな質問にお答えできるようになっていました。
なんだかもう、立派に先輩移住者という感じですね。
住んでこその生の声は、移住希望者によく響くようです。

お話をしていて、ひとつ思うことがありました。
移住するにあたって、やはり一番のキーは、
「住まい」と「住まい方」
であるなと。
移住=幸せ度のアップ
にならなければ意味がありません。
移住にあたって、生活(あるいは人生)のベースとなる「住まい」はとても重要なファクター。
それ次第で、今後がきまってしまうといえます。
「住まい方」はそのベースの延長線上にあります。

地域おこし協力隊として、空き家バンクの業務を担当させていただいてます。
情報の整理や提供というのが主な役目ですが、
現状では、移住希望者の住まいへの希望に、すべてこたえられてはいません。
移住相談に、コンシェルジュ的なサービスを提供したいのですが、
そのためには空き家バンクの業務を広げていく必要がありそうです。

そこで!実は今年「宅建士」試験を受けることにしました。
より良いサービスを提供するためには必要だと思ったからです。
合格に向け、目下勉強中です。
移住1.5年目の決意。ですかね。
今後の展開もリポートしていきたいと思いますので、
皆様、ご指導ご鞭撻のほどを。
よろしくお願いいたします。

IMG_7617.JPG



posted by 地域おこし協力隊 at 12:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする