2016年12月09日

冬支度

師走ですね。
小諸は雪こそ降りませんが、
最高気温はひと桁、最低気温は氷点下の日々です。
寒いです。
年が明けて1〜2月はもっと寒くなるようです。

こちらでは寒さが身にこたえることを、
「しみる」
と言ったりします。
「凍みる」と「沁みる」が合わさった言葉でしょうか。
単に寒いだけでなく、寒さによる精神的ダメージをも含んだ言葉のようです。
それほど小諸は寒いところ。

移住体験施設の畑の大根。
そのまま植えておくと凍ってしまうということで、
全部抜いて、切って洗って、干しました。
これから軒先に吊るします。
沢庵を作る準備です。

本格的な冬が来る前の冬支度。
沢庵や野沢菜など保存食を作る以外にも、いろいろやることがあります。
私は4月から移住してきたので、小諸で迎える初めての冬です。
まず、車のタイヤをスタッドレスに替えました。
こちらでは12月〜4月はスタッドレスが必須みたいです。
(雪はあまり降りませんが、凍りますので)

我が家の暖房機器は、石油ストーブ、ファンヒーター、エアコン、コタツです。
すでにフル稼働していて、灯油代のコストが意外にかかるのにびっくりです。
(夏場は、使っても扇風機ぐらいで安いのですが・・)

我が家は古い一軒家で、ぴゅーぴゅー、すきま風が入ってきたりします。
すきまテープやコーキング剤ですきまを埋めたり、
窓に断熱用のプチプチシートを貼ったり・・
とまだやることが割とあります。

冬は寒い。
でもマイナス面ばかりでなく、近いスキー場は車で30分だし、
せっかくの信州、雪国で、思いっきりウィンタースポーツなども楽しみたいと思います。
温泉も近いですしね。

移住者にとって、移住先での良い面、悪い面は当然出てくると思います(気候に限らず・・)。
悪い面も、どれだけ楽しめるか、遊べるか、
という発想で受け止める。
あるがままを受け入れる。
が、幸せな移住生活の基本的スタンスであるように感じます。

はじめての小諸の冬を大いに楽しみたいと思います。
皆様、あたたかい冬を!

IMG_5316.jpg


posted by 地域おこし協力隊 at 16:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。