2017年03月10日

もうすぐ移住1年

あっという間でした。
昨年の4月に、地域おこし協力隊として小諸に移住して、
この3月で約1年が過ぎます。
すばらしいスピードで過ぎた、
移住1年目の所感を述べたいと思います。

移住早々、市長選があり、新しい市長になりました。
初めて就く、慣れない行政の仕事と、
新体制のもと、
春はすぐに過ぎてゆきました。
主に人の顔と名前、地名や道を覚えるのに時間を費やしていたと思います。

夏。
空気がカラリとしていて、朝晩気温が下がるので、
信州の夏はとても快適。
夏はイベントシーズンでもあります。
「浅間兄弟」という料理ユニットも別にやっております。
料理のイベント出店と地域おこし協力隊の仕事。
2足のわらじで、大忙しの夏となりました。
地域の神輿を担いだり、夏祭りで踊りをしたりと、
地域住民との距離がグッと詰まった時期でもありました。

秋も、まだ続くイベントシーズン。
野外ウェディングの料理や、料理教室の先生もやらせていただきました。
地域おこし協力隊としての仕事は移住・定住促進係です。
空き家バンクの運営などをしておりますが、
チンプンカンプンだった不動産用語もこの頃は、だいぶわかってきて、
不動産屋さんとのお話もやっとできるように。
さらに仕事が広がる、人とつながる。そんな時期でした。

冬。
寒い。凍る。
仕事はそれほど忙しくなかったのですが、
自然環境との戦いで疲弊していました。
家は古い一軒家です。
あらゆるところから寒さが忍び込む。
お仕事よりも、耐えることに体のエネルギーをかなり持っていかれてました。
が今思えば、本当に寒い時期は意外に短かったという印象です。
また、凛とした寒さ、冬の景色の美しさ、
メリハリのある四季は通してみると、
ドラマチックで心地よかったように感じます。

そしてまた春。
雪解けとともに、またまた忙しくなってきました。
小諸生活、この1年でかなり密度の濃い経験をさせてもらいました。
来季は経験値もついて昨年のキャリアも活かせるので、
より面白い、充実した1年を作れそうです。
こうしよう、ああしようなどと妄想しつつ、
2年目を迎えることとします。

あたたかく迎えてくれた小諸の人々に感謝しつつ、
これからも小諸の鴨川をよろしくお願いします。

IMG_6096.JPG

posted by 地域おこし協力隊 at 15:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: